なんだろ、これみて、考えて

生きているということ。

1年前の私に教えられること。

ねえねえ、まだちゃんと生きられてるよ!


すげえぇえ!


毎日泣いて、布団にもぐって、ご飯も食べられない。


尊敬する師匠が急にいなくなってしまった!

ああ!どうしよう!人生の終わりだ!

ハローワーク行かなきゃ。


▶︎行く

▷行かない


あぁ行きたくないな。


だってすごく黒い空気だから。


行くだけで生気が吸い取られる、気がする。

でもいかなきゃな。


ともだちに頼ってみようかな、

お話しして慰めてもらおうかな。

いや、まてよ、言いたくないな。

こんなにお世話になって、

ほんとうはお礼をしなきゃいけないくらいなのに。

やっぱり、誰かにいうのはやめよう。



ある意味、自分と向き合うことができる時間だったのかなって今はおもってる。

今、だからおもってる。かな



サロンワークがすき、楽しい

お仕事したいなぁ

でも、美容師やめたい。正確にはもうできない。

毎日葛藤していたのを覚えてる。


LINE♪

『塩見さん、来週空いてる日ありますか?

カットとカラーとトリートメントお願いしたいです!』


そっか、LINE知ってるお客様にお伝えしなければ。



いやどうやってやるねーん



絶望とはこのこと。まさに望みを絶つ!!

くぅ〜〜〜!!


LINE♪

『ぴーさん、ヘアセットしてほしいんだけど!』


後輩よ、実はわたしはいま無職なのだ。

無力とはこのこと。まさに力が無い!!

くぅ〜〜〜!!


『死ぬ前に新店に見学こようか(・∀・)』

なにこのゆるっと感。

いまや大人気ヘッドスパ人、ましこ氏から

twitterでDMがきました。

わたしの同級生なんですよね。


ごーとぅでいだっけ。

なんだっけ。まあいいや、

とりあえず行ってみようかな。暇だしね。

やかましいわ。誰が無職じゃ。わたしか!


って、死にそうになりながら

当時はご飯も食べれなかったから

がりがりにやつれたわたしは、

オオイケさんとお話ししました。

会った瞬間、なんか涙がぼろぼろとまらなくて

スカイラウンジでオオイケさん

わたしのこと泣かしたみたいになってたな。


スカイラウンジってよく考えると

すごい厨二っぽい響きね。ぼそっ。


そのとき、オオイケさんに

『1年後にはきっと笑い話になってるよ

って言われて、


このひとなんてテキトーなこと言う人なんだろうっておもったことは内緒。ほんと内緒。

今でも絶対言えない!本人には絶対言えないよ!

(しっかり本人にこないだ伝えた)(そのことも覚えてないと思う)(笑)



ちなみにその時はGTSSは

まだ20人くらいしかクルーはいなくて、

いまとなっては、大きくなりすぎていてびっくり。


それでね、今ではさ、ほんとうに

笑えちゃってるんだよね。

悔しーww

たとえば自分に起きた不幸なことでも

ま、なんとかなるでしょ

って思えるようになっちゃってるんだよね。


人間て不思議だよね。

生きてるだけで、勝手に元気になるんだから。

ばかだよね。単純明快。ちょろい。


まいにち、美容師やめようって思ってた。

わたしなんか、もうだめだってずっと思ってた。

なにかに落ち着く終着点は今でもなくて、

とにかく、自分を卑下するまいにちを送っていたんだよなあ。


なんで、こうなっちゃったんだろう。

なんでわたしだけ?

なんで自分がこんな目に遭わなきゃいけないんだろうって

ほんとうに『なんでなんで』ってずっと言ってた。


こんなこと言ってると

メンヘラとか精神がとかって軽く言うけど

それってなんか

その人の今までのできごとすべてを

否定するのと一緒だと思っちゃう。


そうじゃなかったら

自殺するひとだって増えないよ。


その人の人生に何があったかなんて

全部わかりっこないんだから、

あんまり、本当の自分なんか

誰も知らなくていいと思ってる。


当たりが前にあるから当たり前っていうんだよ

つかれたー

ねむいー

かえりたいー

お腹すいたー

やりたくないー


いや、そんなこと言うなよ。

ちゃんとやれよ。

まいにち一生懸命になれよ。


っていう人いると思うんだよね。

だけどそれってどうだろう?


実際は一生懸命になってるんだよな。


だって、


これ言えんのって、ほんと最も高いときなんだよな。

これ言えんのって、しあわせなことなんだよな。

これ言えんのって、絶望経験しないとわかんないんだよな。


これ=やる気ない、お客様と向き合ってない

ではないんだよなって気づかされるよ。


もちろん、言霊ってあると思うから

言わなくていい言葉ではあるよ。

でも、あたりまえってこういうのなんだよね。


そうじゃないって思うなら、


じゃあ、

人のこと『お前』って呼ぶのは?

お前って絶対言われたくないよね。

やってやったんだからって見返りを求めるのは?

どんな心の器やねん。

冗談が、冗談と聞こえなかったら?

真に受けちゃうタイプっているよ。


これってよくないことじゃん。



ね?いや、そういうつもりじゃないんだけど!

っていま思ったよね?



お前って言うだろうし

見返りは求めるし、

冗談のつもりで話、するよね。


そういうことなんだよな。


なんでも自分の主観で決めるのはよくないし、

そういうときはさ、幽体離脱してみよ。

一回死んで魂が浮いたような気になってみよ。


悪口言わないとか、言ったとか

誰が悪かった、謝る許す許さないとか

もうそんな狭い世界で生きてるのやめよう。


どっちでもいいし、

それがその人なんだって。

全部自由なんだからさ。



ってこの一年でおもった。

思えるようになった。

いや長。まとめるの下手か。出直してこい!




出会えてよかった人もいる。

圧倒的によかったって思える人。


わたしは、いま笑えてるし、

死にたいと思ってない。でも長生きはしたくない。

美容師もつづけられてよかった。


知らんけどって

めちゃんこ可愛いTシャツだって持ってるし。



一年前のわたしよ!

いま、がんばって生きれてるぞ!

なんとかなってるからさ!

とにかくナルトは読んでおいて正解だから、

そのまま漫喫いっておけ!



そう、人生は生きてるだけでまるもうけ。

泣いてる人が笑ってくれるように、

わたしの過去はみんなに笑ってほしい!


だって、わたしもいま笑えてるし

笑いながら1年前のお話しをすることができる!


まいにちいい事だけを考えて暮らそう。


しあわせな人を感動させるのではなくて

泣いてる人を笑わせよう。



はい、これテストでますんで。よろしくー。



以上!解散!


©2018 by YUZUKI SHIOMI. Proudly created with Wix.com